教員免許(中高音楽、幼稚園II種、I種)を4つ持っている「まり先生」(わたし)が、とうとうこの上映に呼んでいただくことになりました。

申し込みは7月5日(金)16:00より。

席数が少ないのと、大人気イベントでリピーターの方も多い様子なので、気にかけていただければ幸いです。

ママたちの気持ちを考えと、「こどもに見せたい古き良き映画」は、イコール「こどもに聴かせたい古き良き音楽」なのではないかな〜と、会場下見で空席の座席を眺めつつ、万感に浸りました。

国立映画アーカイブは、前回出演は、アフリカの野生動物たちの映画「テンビ」。今回も、移動し大河を渡る家畜たち、野生のバッファローなど、動物たちがいっぱいです。

■08.03[土]14:00-16:10

アメリカ西部の大自然と西部劇ならではのアクションを楽しもう![活弁と生演奏]

新天地をもとめて、幌馬車でアメリカの大地を進む人々。地平線の彼方まで伸びる隊列に驚かされるアメリカ西部劇の超大作。恋愛あり、友情あり、アクションありの西部劇の王道を活弁・演奏付きでお送りします。

 

『幌馬車ほろばしゃ』(1923年)
〇アメリカ/監督:ジェームズ・クルーズ/99分/白黒/原題:The Covered Wagon
※英語字幕のみですが、弁士の説明でお楽しみいただけます。

新天地を目指して、馬や牛と一緒に長い旅をする人々。仲間割れや灼熱の砂漠など一難去ってまた一難の旅。しかも、目の前には大きな川が! 馬や牛と一緒にどうやって渡ろう?

弁士:尾田直彪
楽士:坂本真理(シンセサイザー 生演奏)

定員:各回151名(全席自由) ※定員に達し次第、しめきります

料金:中学生以下 無料/一般520円/高校生・大学生・65歳以上 310円

★全プログラム事前申込制です。(申込フォームのみ) 

★7月5日(金)16:00より受付開始

お申し込み方法詳細はこちらのページから。

※7月5日(金)16:00より申込フォームへのリンクが表示されます。

https://www.nfaj.go.jp/exhibition/kids-cinema2024/