火、木の午前中の未就園児、午後のジュニアのグループレッスンの前半は、

会員むけに個人でピアノミニレッスンを5分程度行っています。

他の音楽教室では、週1のレッスンを受ける他は、

自宅で、お母様方が、毎日のレッスンのフォローをなさっているのではないでしょうか?いわゆる「宿題」は、お子様の宿題というよりは、お母様が、「ピアノを弾けるようにする宿題」であるような気もします。

お子さんにとっても、

「ママの負担」を感じることから、だんだんピアノ自体を嫌いになっていくケースもあるような気もします。私自身も、幼稚園園長時代に、ママたちの声で、

「ピアノを習わせたいけれど、ワタシが、大変だから」

という意見も聞いてきました。

そもそも、ピアノの先生方が、目標としているラインが、どこなのか?ということを、最初に確認してから、お子様が習う場所を考えられると良いのだと思います。

将来的に、プロに、あるいは、音大に入学するという選択肢を残すために、やるならば、毎日きちんとピアノに向かうということならば、ご家庭で宿題を担うのもありだと思います。

ただ、最近は、ピアノの調律の負担もあり、ご家庭では電子ピアノやキーボードで、本物のピアノを触るのは、先生のレッスンのみというくらいなら、

いっそのこと、週2回、教室のグランドピアノで、練習そのものをするつもりで、ピアノに親しんでもらったらよいと思っています。

グループの中でのミニレッスンで目指すのは、楽譜なしでピアノが弾けるようになって、演奏で遊べるような音楽人になることです。職業的な専門家を目指す人は、個人レッスンに来ていただければと思います。

ラボのグランドピアノは、コンサート用のYAMAHAG7です。1畳以上ある長いコンサートピアノの音を是非、体験なさってみてください。

見学と、ご相談は、無料です。

ご予約お待ちしております。