継続して、月1でグループ貸切でリトミックをしてくれている年少さんグループのレポートです。

新年、初のレッスンなので、

ラボに「こたつ」があることにびっくりの様子。

今は、ご自宅にこたつを置かないご家庭も多いので、

「体験」としても、面白いかもしれませんね。

ラボでの工作は、

すべて、音楽的な意味があります。

小さな不織布のモチーフには、リズムの意図が含まれていて、

例えば、

「ドン タっ ドド タッ パン」

のような、リズムの羅列を組み合わせると、

それは、すなわち、リズム、作曲になるのです。

それを、今度は、身にまとって、モデルのように歩いてみる。

こんな活動をメインに、据えつつ、

導入、発展へと導きました。

 

まだ、雪が残っていたので、

レギュラークラスの子たちと同様に、

「かき氷」あそびを、絵の具でしました。

床が濡れても良いテラスは、こんな活動にうってつけです。

この写真は、レギュラークラス(午前か、午後どちらか)の作品です。

色をまぜて、

ハワイアンレインボーにするのが、

楽しいですね。

 

このクラスは、また2月にも予約を入れてくれました。

継続してくれて、とても楽しいです。

次回も、お待ちしております。