10/26の「無声映画観賞会」については、先日のJ-WAVE「らじど」RADIO DONUTS

にてマツダ映画社 代表 松戸誠さんも熱く「生演奏もつきます!」とご紹介くださいました。

メイン上映の「愚なる妻」の主人公は、モンテカルロに居を構えるロシア貴族という設定なので、様々な挿入曲にロシア曲をちりばめました。また、「愚なる妻」という本の存在にも今回はメインテーマ『Por una cabeza』を設けました。1曲の中に「人生山あり谷あり」が込められている本のような曲だと思っていたところ、冒頭シーンに本をめくって綴るような聴かせどころのシーンもマッチしているように感じます。

また、私事ですが、2016年幼稚園園長退職した年に無声映画楽士デビューさせていただいてから、6年ほどかかってコツコツと無声映画に音楽をつくって生演奏をさせていただく機会をいただいていましたが、この度の出演回で、その演奏上映回数が100回となりました。

本ホームページのカテゴリー無声映画の欄に音楽制作回数と演奏上映回数(のべ演奏回数)を記録しています。

「チャップリンの消防夫」やメリエス作品など同じ作品を複数回演奏する機会があるので、ややこしいのですが本番として暗闇で楽士位置でスクリーンを見ながらお客様の前で演奏させていただくのが、100本を越えました!というご報告をさせてください。

引き続き、楽士 坂本真理への応援と温かい眼差しをよろしくお願いいたします。

第759回無声映画鑑賞会

[1921~2021 百年前の活動大写真]

10月26日(火曜)午後6時30分開演 (午後6時開場・終映予定9時)

★上映作品

『愚なる妻』(19:10~)
1922年 米・ユニバーサル作品 (108分)

監督・主演/エリッヒ・フォン・シュトロハイム

出演/モード・ジョージ、メエ・ブッシュ

弁士/澤登 翠

『キートンの酋長』(18:40~)
1921年 米・ファーストナショナル作品 (21分)

監督/バスター・キートン、エディ・クライン

出演/バスター・キートン、ジョー・ロバーツ

弁士/武藤兼治

覆面番組 アリ(18:30~)
弁士/尾田直彪

会場/日暮里サニーホール コンサートサロン
荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド4階  電話 03-3807-3211
(JR鉄 京成線・日暮里舎人ライナー線「日暮里駅」東口より徒歩2分)

料金/一般2000円 学生1600円 前売、電話&E-mail予約1500円
子供(中学生以下)1000円 会員優待券1000円
電話&E-mail予約は公演前日の午後6時まで受け付けます。
(但し、規定枚数に達した場合はその時点で受付を終了致します。)

■予約・お問合せ
無声映画鑑賞会事務局
電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時~午後6時)
FAX 03-3605-9982
E-mail: katsuben@matsudafilm.com

※E-mail予約の場合は、「○月○日無声映画鑑賞会前売予約」、枚数、代表者のお名前を明記して、メールをお送り下さい。
E-mailにて御予約いただいた方には[予約確認]のメールをお送りしています。