ラボへの自転車でのなるべく車通りがすくないアクセスをご紹介します。ここでは多摩蘭坂から。

リクエストがあれば立川方面、小平方面、国分寺駅方面、西国分寺方面からのアクセスも取材しますね。

谷保、国立方面から「たまらん坂」の登り口につきます。

ここはRCサクセションの「多摩蘭坂」です。途中に一橋大学の寮などがあります。

ここを左に府中からの道、左に国分寺への道になる細い十字路があります。国分寺との境界の道です。

こんな感じの両サイドとも細い十字路です。

左に曲がるとスクールゾーンがあるので目印になります。

ここも坂道になります。ちょっとがんばって登りましょう。道はまっすぐではないのですが道なりにいくと、

左手に青い家が目印になります。右手には農園があります。

ここをまっすぐいきます。

この坂を登りきると「内藤橋」です。橋といってもJRの線路をわたる陸の橋です。

橋をわたりきって都営住宅をぬけると大きな陸の橋がみえるので、そこを南北にぬけるのが一番安全です。

内藤橋街道から五叉路の道は、自転車が通れるくらいの道幅が狭いのでおすすめできませんが、

道に迷ったらと覚えておくと良いかもしれません。

橋からの自転車道のつきあたりです。少しだけ右に移動するとボタン式信号横断歩道があります。

この大きな建物の左脇の道をすすみます。この奥にはスーパーがあります。

地図上でいうと、国分寺九小を目指す形になります。

曲がり道の目印は、「さつき荘」

ここを左折。国分寺郵便局の本局や市役所のある「市役所通り」を目指します。

市役所通りと十字にクロスする目印は、この信号です。

信号からの道は細いですが、まっすぐいくとつきあたります。

左折するとしばらくで「都営住宅」が2棟並んでいます。マンション1棟のあとに都営が2棟です。

その都営を右に曲がります。

まっすぐいくと、ひとつ目の小さい交差点があり、ここは通過でまっすぐ。

そして、突き当りが「戸倉街道」

立川バス「国分寺六小」のバス停の近くです。

ここから先は、すぐなので、ご予約時に携帯番号をお知らせしますので、

お迎えに伺います。

 

お天気の良い日、余裕のある時にはサイクリングとしては良い道ですが、

お子様づれの場合、やはりタクシーが便利かもしれません。(帰り道は、ぶんバス、立川バスなど公共交通機関があります)