むらさきmusicラボは、コドモとコドモ心を持つみんなが集まる音楽のお城

ラボ)レッスン以外のご利用について

【レッスンの定義】

大人の方の様々なご意図によるレッスンの経験を積んでいく中で、私が音楽を学ぶイメージの先生と生徒、師匠と弟子というような「教える」「学ぶ」の認識が異なる場面が見受けられるようになりました。受講前にご要望をヒアリングして、レッスンプログラムをたてても、「そんな初歩ではなく、今すぐ〇〇を〇〇したい」ということもいろんなアレンジで経験しました。

それは、きっと書店にならぶ「5分でわかる〇〇」や、youtubeで簡単にみられるコツを生のレッスンならば、よりピンポイントで素早くできると思われていると感じます。

また、小学生以上の方で幼少期に習い事の経験のない方は、レッスンを注意されると受け取る方もいるようです。演奏は、誰かに聴いてもらうこともとても大きな喜びなので、指摘をうけそれをよりよくアップデートしていくのがレッスンと気付いてくださる方もいました。

「習いたいんじゃなくて、この曲弾いてみて」と、初見で楽譜を渡していただいても、特にJ-POPは難しく、またアーティスト独自のこぶしなどは、ピアノで再現できないこともあり、結果的にご満足につながらないとも思いました。

そんな中で、「レッスンじゃないかもしれない」案件については、事前にメールで詳細をお伝えいただき、私には手におえないことについては、ご足労いただく前にご辞退もあることをご了承ください。

【コンサルティング】

乳幼児、親子むけの環境設定や、施設での楽器購入のご相談。私の保育経験と紐づくリトミックの話を聞いてみたいなどのご要件の場合は、メールやご指定場所などラボではない場所でもご要望にお応えできると思います。

【就学前 発達支援相談】

幼稚園園長として、支援の必要なお子様のための「就学支援シート」を長年担当をしていました。ネットの様々な情報に迷われてしまうこともあるかもしれません。様々な個性があること、それぞれに有効なことばがけ、耳からの情報が弱いお子様には、確認パネルなど視覚情報に置き換え補足説明をする方法があります。合格ラインはありません。お子様をブロックなどで遊ばせながら、ご相談を受けられます。なるべくご両親揃ってのご来場をおすすめします。

【楽器博物館】

ラボの楽器コレクションをよく知りたい方むけの有料(料金応相談)のコンテンツです。

楽器博物館的なご案内、音楽療法的な空間提供を目的としています。

普段はレッスン用の空間を確保するために収納している楽器を陳列する時間、ご案内終了後に現状復帰する時間がかかることをご承知おきいただいた上で、お迎えさせていただきたいと思っています。

体験例

様々な楽器を使用してのアンサンブル体験を楽器未経験者でも体験できます。(ブラジルのサンバ、アフリカの楽器やモダンスタイルドラムでのドラムサークル)

1970年代、1980年代の貴重なパンデイロ(小澤敏也コレクション)

劇版、映画効果音用楽器のサンプリング

【アトリエ】

楽器、ピアノがあって、画材や素材、工具もある空間をあなたのアトリエ代わりに使えます。

映像を映す大きなスクリーンもあります。

動画の撮影のお手伝いもいたします。(簡単な録音も可)

京都国際映画祭のプライベートCM

料金は、ご相談ください。

ウレタンを使った、簡単な防音対応可能です。

ドラムセットは、ありません。

 

大人向け個人レッスンも各種あります。プロから、初心者まで、お気軽にご相談ください。

【スペース利用】

楽器を使用しないスペース利用も料金発生いたします。ご了解ください。

 

お気軽にお問い合わせください murasakimusiclabo@gmail.com

PAGETOP