むらさきmusicラボは、コドモとコドモ心を持つみんなが集まる音楽のお城

オトナリトミック/家族、グループ貸切/楽器博物館

=オトナリトミック=

ストレス解消や、子育てや健康、認知症予防に役立つリズム習得を目的とした大人が楽しいクラスです。お子様連れでも参加できますが、内容は成人〜シニアなどを対象としています。シニアの参加を歓迎します。記憶力の保持、アンチエイジングに有効です。

リコーダーの合奏など、やってみたいことのリクエスト大歓迎。
年齢を問わず、柔らかい頭に音楽で栄養を与えましょう。)

予約制第1~3(水)(金)または、4,5週のあいている午前中 希望者3名以上のグループ開講 または,1,2名時の貸切(別料金)対応をいたします。
10:00開場  フリータイム 11:00 ~12:00  アンチエイジングリトミック

Webでご予約ください。
場合により、HPで予告した外部講師がレッスンする場合があります。その際には、別途ゲスト講師料が発生しますので、ご了解ください。

レギュラー希望3名以上設定開講します。

¥1000(3名以上で開講します。未満時は、貸切料金となります。)

平日クラスは、付き添いのお子様は無料

 

 

=貸切=1コマ¥5000(人数割でシェアできます)

「土曜日のファミリーリトミック(会員優先)の予約が取りづらい」

「継続的な参加をしている会員とは別プログラムで、1回完結で、リトミック体験をしてみたい」

「仲良しグループのみで、気兼ねなく楽しみたい。」

「年齢の離れたきょうだいを含めて、家族で楽しみたい。」

「園で、先生の指示を理解しているか不安。違う環境で、参観してみたい」

「親子で一緒に遊びたい」

「ピンポイントで、触りたい楽器がある」

などの要望に応えて、

・土曜日のファミリーリトミックの後コマ11:15~12:15

・土日休日問わず、お好きな時間 1時間半ほど

1コマ¥5000にて、貸切でリトミックができます。(年齢、内容により、定員を設けます。小学生親子や幼児のご家族なら3組ほど。小学生のみなら5名まで。

詳しくは、お問い合わせください。

☆ビジターと、貸切の違いについて

親子クラスなどのクラスの会員に混ざって、ご参加いただくのが、ビジターです。スペースの関係で、会員の参加が多い回のビジター募集がない場合もあります。

ビジター貸切 土曜日の2コマめに、面識のない複数のビジター予約が、複数あった場合、ビジターの貸切を設ける日があります。次のご予約をしていただいた初回は、無料です。2回め以降、ビジター料金 親子ワンペア¥1500,家族¥2000で、ご利用になれます。他の方と、相席になる可能性があります。

 

 

=楽器博物館的なご案内=

ラボに主にブラジルの楽器を寄贈してくれた故小澤敏也(ライオンキングパーカッション2首席奏者、当時)をコレクションの紹介。

いろんな楽器を鳴らしたい人のためのフリー体験。

リトミックや、ピアノ、カシシ製作などでは、指導プランのもとにそれぞれの目的を持って指導を進めていきますので、気になる楽器がある場合や、もっと深く、楽器について、周りを気にせずに知りたい場合には、グループや個人のレッスンの枠の中ではなく、別途、時間を設定いたします。

また、楽器の保存のため、普段はケースに入れていたり、楽器棚に収納しているものをお見せするのは、いつでも気軽にというわけではなく、特に、高いところにあるものを出す時には、安全のためお子様の生徒さんがいない状況に準備の作業が必要です。

師匠の小澤敏也は、楽器を寄贈する際には、ラボの今後発展状況を想像し、演奏方法や、メンテナンスが今後もできるもの、その楽器界隈の愛好者の皆さんとのつながりを持てるもののみを厳選した上で、自分のパンデイロコレクションに関しては、「東京オリンピック」を機に、世界中から人が集まる時に、小澤敏也の痕跡を知りたい人が来る可能性もあるかもしれない、と、そのコレクションの意義を、「世界のタンバリン族の中の一つのパンデイロ」とすることを意識していました。

パンデイロの演奏方法、練習会に関しては、「パンデイロチームジングルジム」や、柳元武司さん、ハセタクさんなどのワークショップをご紹介できます。

ラボでは、「こどもの城」スピリッツをリスペクトしつつ、世界の中の楽器に、気軽に触れ合える音楽教育を目指しておりますので、それぞれの楽器のトッププレイヤーのような演奏の技術はお伝えできませんが、小澤敏也の助手をしていた「まり先生」と、パンデイロや、所蔵楽器について、じっくり触れ合う時間を持ちたい方がいらっしゃれば、おつきあいさせていただきたいと思っています。

独身で生涯を閉じた小澤敏也にかわり、現在は、小澤敏也パンデイロッカーホームページの維持費は、様々な協賛を得て成り立っています。

本ホームページでも紹介している「パンデイロネックレス」の販売利益と、合わせ、ラボでの「楽器博物館的なご案内」に関しても、ラボ貸切料金(1コマ5000円)と、ホームページ維持着協賛金(1口5000円)の両方で、合計1万円申し受けさせていただけたらと思っています。

小澤敏也を知らない方、純粋に、楽器のみに興味のある方は、貸切料金のみでも、楽器博物館的なご案内をさせていただきます。

楽器をケースからひとつひとつ出して、陳列すること。音を出せる状況を整え、マレットなどを準備することは、通常のラボ業務とは違う段取りを必要とするため、準備と撤収(翌日のラボ業務)に時間を要します。

「遊びに行くだけだから」「楽器を見るだけだから」と言うご意見を持つ方がいることも勉強させていただいた上で、レッスンではない楽器の紹介のコンテンツとして、2017年度より、新制度としてスタートさせていただきます。

有料ですが、実際に手に取り、音を出すことのできる体験の場として、ご活用していただければと思います。

各種楽器のゲートウェイとして、それぞれの専門の演奏家、教授場所についてのご紹介も承ります。

お気軽にお問い合わせください murasakimusiclabo@gmail.com

PAGETOP